作者・小城 愛弥音(こじょう あやね)の紹介

小さい頃から色々なものをつくっていました。
和裁の先生だった祖母は、着物や身の回りの小物を色々と創っていました。
中でも結びに関しては、祖母のつくった「水引」に魅かれ、見よう見まねでつくりはじめたのがきっかけでした。

私のアートスタイルは、イルカやクジラ、鳥や木々草花…大自然のエネルギーを感じたり、神域をおとずれてその氣にふれ、スピリチュアルなインスピレーションをイメージにしてそれをかたちにあらわす、というものです。

古今東西、老若男女の永遠のテーマ「お金(仕事)」「恋愛(人間関係)」「美と健康」のお悩みを解消するお手伝いをする開運アイテムをお届けします。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。